ミドルウェアを使ったjavaゲーム開発

ゲーム開発は、開発会社での仕事ばかりが働き方ではないのです。
シェアウェアを公表して、プレイヤーに対する直接的な販売活動をおこなうことができます。ゲーム開発が複雑なものになるにつれ、開発サポートのツールの使用も必要となっているのです。javaのプログラム言語であれば、開発のミドルウェアの恩恵を受けることができます。

ゲーム開発用に提供されているミドルウェアは、開発に必要な基本的機能についてあらかじめ備えています。プレイヤーが操作するインターフェースや、グラフィック表示、キャラクターの動作のための基本的ルーチンなどが既に備わっています。そのため、オリジナリティが必要な部分だけを、開発者は行うのです。ミドルウェアではjavaをサポートしているものが多く、開発支援が十分に受けられます。シェアウェアの分野では、メーカーが開発する製品に匹敵するような物も増えているのです。その背景には、ミドルウェアによるサポートが充実してきた点があります。一人やあるいはごく小規模の開発スタッフで短期間に開発するには、ミドルウェアの利用が前提となるでしょう。

そのため、シェアウェア開発を仕事として選ぶ場合に身につけておくべきプログラム言語として、javaの開発技術を修得しておくことには意味があります。シェアウェアの作家として成功するには、流行にあわせた機敏な開発が適していて、その開発手法にミドルウェアとそれに適したプログラム言語の組み合わせがふさわしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です